洗濯機の掃除

洗濯機の中を掃除しなければいけないというコトを知っていますか?
洗濯機の中の掃除を怠ると中に黒カビが発生し、洗濯中にカビが剥がれ衣類についてしまい、せっかく洗濯しても汚れてしまいます。
またカビはアレルギーや食中毒の原因になり不潔です。
洗濯機の掃除は外側よりも中の掃除の方が重要です。
洗濯機の外側の掃除は誰にでもできると思いますので省略して、洗濯機の中の掃除について説明しますね。

洗濯機の中の掃除の方法は大きく分けて2通りの掃除方法があります。
1つは洗濯機を分解して各部品ごとに掃除をして、元通りに組み立てる方法です。
もう1つは洗濯機を分解せずに洗浄剤などをお湯や水を張った状態で加えて、洗濯機を回してカビを落とし、すすいで排水するという方法です。

洗濯機を購入して何年も掃除をせず、使いっ放しであれば、洗濯機を分解して部品ごとに1度大掃除をした方が良いでしょう。
洗濯機を分解せず、洗濯機の中を掃除する方法では何年もかけて強力に付いてしまったカビを、キレイに掃除するのは難しいでしょう。

| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗濯機を分解しないで掃除

洗濯機を分解せずに掃除をする方法もあります。
準備するのはカビ取り洗剤だけです。
このカビ取り洗剤ですがいろいろな種類があって、どれが1番効果があるのかは検証していませんが、酸素系漂白剤が一番評判がいいようです。

まずは40〜50℃のお湯を洗濯機の一番高水位の位置まで入れ、カビ取り洗剤を入れ洗うだけのコースにしてできるだけ長い時間洗濯機を回します。
お湯はお風呂の残り湯に沸かしたお湯を足して少し熱いと感じるぐらいの温度で50℃以上では洗濯機に悪影響を及ぼします。
お風呂の残り湯は入浴剤入りは使わないようにしましょう。
これを数回繰り返して全自動のコースにして脱水までして完了です。

この方法は洗濯機の汚れ具合や使用するカビ取り剤によって、洗濯機を回す時間や回数が異なりますので、自分でいろいろ試してみましょう。

何年も掃除をしていない洗濯機をこの方法で掃除すると黒カビが半端な状態で残る事が多く、かえって洗濯物に黒い汚れが付くコトが多いので一度分解掃除をしてから月に1回ぐらいのペースでこの方法で掃除するコトを薦めます。

この方法ではカビをキレイに掃除できませんので、1年に2〜3回は分解して掃除をして月に1度この方法で洗濯機の掃除をするのが理想的でしょう。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗濯機の分解掃除

洗濯機を分解して掃除をする方法は私的には簡単だと思っていますが、普段ドライバーやラチェットなどの工具を持ち慣れてない人や、極端に機械オンチな人は自分一人だけで作業せずに誰かと一緒に作業しましょう。
または掃除の専門業者に依頼して横で作業の手順を見て次回に自分でチャレンジするなどしましょう。
こういった作業は一度自分ですると忘れませんし節約の為にも覚えておいた方が良いでしょう。

洗濯機を分解して掃除するには、プラスとマイナスドライバーと10oのソケットレンチにブラシ、タワシ、カビ取り剤、バケツを用意しましょう。

まず電源を抜きホースとアース線を外して上蓋をはずします。
次に洗濯機の背面板を外します。
コントロールパネルを外しますが中の配線がキチキチになっているので、配線を止めているクランプを全て緩めてからコントロールパネルを外します。
洗濯漕の天板を外して、洗濯漕の上蓋を外します。
洗濯漕の底に洗濯羽根がありますので真ん中のねじを緩め洗濯羽根を取ります。
洗濯羽根を外すと洗濯漕とモーターが4本のボルトで繋がってますのでボルトを緩めて取ると、洗濯漕が持ち上げると取れますので重いので気を付けて洗濯漕を引き上げましょう。
残った洗濯機の外側はコントロールパネルの基盤に水が掛からないように養生して掃除しましょう。
外した部品はタワシやブラシや歯ブラシや綿棒を使って完全にカビを掃除しましょう。
ほんの少しでもカビが残っていると、ここまで分解した意味がありません。
部品の掃除が終わったら逆の手順で組み上げ、水を張って試運転し、問題がなければ排水して完了です。

1年に2回は洗濯機を分解して掃除をしたいですね。
| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。